忍者ブログ
ネタバレあり、個人メモなので人に読ませる書き方になっていません
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プレイではすでに何食わぬ顔をしてギルド入りしているマシューとティラですが、小説では地下2階から加わることになるはずです(実際に使うようになったのも2階からですが)。

どのキャラでも(現状は)何かしらの採集技能を1だけ振っているのですが、「効率悪いわよね」とか「採集に気を回してる余力があったら戦いに回したい」「でも素材はいるし金も稼がなきゃ」「ニンゲンは金金って大変ねぇ」「お金がなきゃあなたの大好きなアップルパイも買えませんよ?」などとごたごた言っていたりするわけですよ。
そんな時、出航しようとしたところで、船をじっと見つめているティラにであうわけだ。
「すごいなぁ、ずっと北の大陸から来た冒険者って、アナタ達ですよね?」

アーモロードは100年前までは世界を席巻していたが、海都が災厄に襲われてからは、周辺状況の激変のために他国への航路も途絶え、エトリアなどがある大陸へ行けるようになったのは数年前。それも、安全ではなく、5隻出したらまず1隻は沈む、1隻でも無事に戻ってくる確率は10%くらい、みたいな感じである。実は『シーリンク』一同がアーモロードに着くまでも危険だらけだったわけだ。よく沈まなかったなー。
そんなわけで、遠くから来た者程少ない。当たり前だが。
海都にいる冒険者は、比較的近場から来た者が多いのだ。

そんな状況なので、北方から来た一同はティラの興味の的である。
なんだかんだと話しているうちに意気投合。いつの間にかティラが樹海内の採集を担うという話になっていたw
そのつてで兄貴もギルド入りするのです。

あまり関係ないけど、船の操作は、冒険者達をここまで送ってくれた『王国』海軍の連中(海賊上がり)が担ってくれてます。
「あんたらが全滅するまでは力を貸してやってろって話だ。ま、帰りにも船はいるしなぁ」とのこと。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/01 ともこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Hicali
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]