忍者ブログ
ネタバレあり、個人メモなので人に読ませる書き方になっていません
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

表の注意書きを見て「B8FまでならOK」と思った方すみません。今回はそれ以降のバレになります。携帯から書いてるとき(出先)は表の注意書き変えられないの考えてなかった。
てわけで先行くぜ!

迷宮を進んでるときに出会ったクジュラさん。彼に言われて海都に帰った一行は、姫の考えを聞きます。彼女は深王の考えには疑問があるそうで、ざっくばらんに言えば、「みんなで力を合わせて戦おうよ」と。しかし深王の言い分は「敵は感情と恐怖を糧とするのだから少数で戦うべきだ」
目的は同じなのに手段は平行線、一行はどっちに付くか選ばないけません。
プレイヤー的にはどっちも裏ありそーとか、深王にフカビトと戦えと言ったという世界樹がすべての黒幕じゃね? とか、いらん深読みをするのですが、前回の深読みも外れてた(現情報では)し、もっと素直に整理してギルド脳内会議に掛けてみたのでした。
ヒュウ「みんなで戦えばいいのよ。フカビトが人類全体の脅威なら、戦う意志のある人は戦えばいいのよ!」
ザリス「少数で戦うべきなら、そうしたほうがいいかもしれない。余計な犠牲は初めから出さないに限るよ」
ヒュウ「あんたってホント、ファリーツェおじさまにそっくりね!」
…あ、ヒュウが親父たちの過去話持ち出してきたw

これ以上会話で書くと状況が混乱するので簡単に書くと、1のとき、ファリーツェ(ザリスの父)と、ニルバルの両親は、執政院のミッションを受けた振りして、モリビトと話し合いを持とうとしたことがありまして。話し合い自体は成功したんですが、いろいろあってモリビトは殲滅された状況になりまして(冒険者達が倒したわけじゃないが)。で、モリビト殲滅ミッションを果たした形になっちゃった彼らを別ギルドのエルナクハ(ヒュウの父)は軽蔑したんだけど、後に真実を知って「なんで黙ってやがった!自分達だけで苦しんでるんじゃねぇ!そういうことなら協力したのに!」と。
おや、やっぱり何が何だかな話になってる。

まあとにかく、親父からそんな話を聞いてたヒュウ、誰か少数だけが苦しい思いをして戦うのに賛成できるはずもないです。
で、最後の一押しになったのは、アッシュのこんな言葉。
「深王の覚悟は賞賛に値する…しかし、もし、深王の力が及ばなかったときは、何も知らない人類が為すすべなく脅威にさらされるだろう。アーモロードがそのときに全世界に真実を報じても、足並みなどそろうまい。だったら、海都に助力して、何が起きているのかをもっと詳しく確かめるべきだろう」
…日伐さんちの脳内会議、終了。
彼らは海都に助力するようです。後から裏切られるような真実が出るかもしんないですが、現状ではどうしようもないでしょう。
まあゲーム的には二週目で逆ルート行くがな!
さて、ショーグンどうしようかな。
名前は決まってるんだ。イルスカと。あとはキャラグラ見てからだな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/01 ともこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Hicali
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]